菜活!

プランターや土のうや水耕栽培と猫の額ほどの小さな畑で家庭菜園をしています。 あまり調べすに思いつくまま、野菜の反応をみて対応しています。

IMG_5527

左がエレファントガーリック。右2つが青森六片。
IMG_5532

手のひらにこんもり。
IMG_5529

元肥に有機質肥料を少々入れて、月一回液肥で追肥した青森六片。
小さいものと大きいものとバラバラです。小さいものは1片も小さくて薄皮をむくのも一苦労です。
IMG_5528

元肥に有機質肥料とマグァンプを入れたもの。平均的に大きくなりました。
JA鳥取いなばのQAにも長期有効な緩効性肥料の使用が薦められています(【ニンニクが肥大・分球しない原因について】の項)。
収穫したエレファントガーリックは元肥を有機質肥料、追肥液肥のものです。エレファントガーリックにも1株だけマグァンプを施したものがあるのですがそちらはまだ収穫していないので、どの程度肥大しているのか後ほど比べてみたいです。
Clip to Evernote

IMG_5316

春以降は虫対策が大変そうで葉物を作らないつもりだったんですけど、秋キャベツに味をしめたので春キャベツに挑戦してみました。
買ってきた苗をザルに水耕仮定植して後に水槽に遮光した容器に本定植しました。本定植した直後から根が溶け始めて冷や汗をかいたのですが、地上部は萎えもしなかったので様子見。水耕根が出ていたようで無事でした。ペットボトルは重石。

IMG_5422

天気もよかったせいか急速に成長して葉も巻き出しました。屋根のない場所での栽培ですけど、雨で濃度下がったら特濃養液継ぎ足して調整しています。EC1.3維持。鳥と虫対策に寒冷紗。外葉が大きくなってきて寒冷紗を持ち上げてしまい隙間ができてしまってます。収穫までもう少しなので今までより気にかけてないと青虫なんかにやられてしまいそうです。
Clip to Evernote

IMG_5428

今年もよくできた感じです。収穫間際は気温が高く雨がふらなかったために水切れを起こし、莢が萎びていくつかダメにしてしまいました。もったいない。肥料切れ水切れをさせないことが栽培後期は重要ですね。
育てやすく、食味もよし!なのですが、家族からは色が不評で・・・。IMG_5432

うーん。やっぱり緑の方が食欲をそそる気がしないでもないです・・・。
Clip to Evernote

このページのトップヘ